2018年04月19日

臨床心理士予備校ランキング

今回の記事は、心理系大学院あまり関係ありません。勉強法とかも一切出てこず、タイトルのホームページを作ってるのは誰かというだけのお話です。


臨床心理士予備校ランキングというものがあります。

リンクはこちら


この臨床心理士予備校ランキングはなんのために作られたのでしょうか?


4,5年くらい前からあるところでしょうか?主催者不明、お問い合わせフォームもなしです。何を目的にやっているところでしょうか?

ちなみに、うちの塾を調べる時にこのページを見る方もいらっしゃるようです。先日、とある業者さんと話している時も、このページを見ていました。いったい誰が作ってるんでしょうかね~。

ちなみに毎年更新しているようですが、これまで見ていると毎年、全国版でも関西版でもIPSA心理学大学院予備校さんがランキング一位のようです!

※ご丁寧にIPSA心理系大学院予備校さん(以下IPSAさん)がLECリーガルマインド東京さんと提携という情報はすぐに反映。

ちょっと調べてみると、

ipsa1.png

あ、あれ??臨床心理士予備校ランキングさんは、IPSAさんのホームページと同じIPアドレスのサーバだ!!!ということは、IPSAさんのとこのサーバが乗っ取られているのかな。そういえば、むかーしIPSAの浅井さんにこのページの来歴を確認したことがあります。
しれっと知らないかのようにとお話されてましたが、まさか同じサーバで運用されているとは...可能性としては、

1.IPSAさんが、知らないふりをして、自分のところを根拠なく一位にする(優良誤認を誘う)ようなホームページを第三者のフリをして作っている。

2.IPSAさんのサーバが、知らない第三者に乗っ取られている。

3.IPSAさんが使っているサーバと、たまたま同じレンタルサーバを契約した第三者がこのページを運営している。


どれでしょうかねー。ちなみにこんなことを書くと、どこかの人がやばいと思ってホームページを消すかもしれないから、魚拓も貼っておきますね。

何故か、AmazonのアフィリエイトIDもIPSAさんのホームページと同じなのはなぜだろう。もし、これがいわゆるステルスマーケティングとするなら、「リーガルマインド」と名前のついたところが提携したのは皮肉が聞いていて面白いですね。

posted by 山崎 at 08:17| Comment(0) | 日記

2018年04月11日

模試の採点をしていて

3月に行った心理系大学院向けの模試を採点していて、気づいたことを少しだけ書いてみます。

昨年度との比較です。(もちろん、模試の参加者毎年異なっており、ランダム抽出ではないので、どこまで正しい分析かはわかりませんが)


まず、心理学、心理英語共に、昨年よりも全体的に成績がよかったです。

これは、臨床心理士指定大学院は、難しいということが分かっているのと、インターネットでの情報共有も増えているためか、より早く勉強を始めている人が増えているためだと思っています。

ただし、心理英語については心理学ほどではなく、また、よく見ると例年よりも単語はしっかり勉強しているものの文法的な間違いは若干増えているようです。拙著、「心理院単」のような本などで単語はしっかり勉強しているものの、まだ文法の復習をしっかりとまではできていないということでしょうか。もしくは、AO入試など入試の多様化によって、大学受験で英語を選択していない学生が増えたためかもしれません。


分析というよりも、簡単な感想かもしれませんが、採点をしていて感じたことを書いてみました。


posted by 山崎 at 19:27| Comment(0) | 日記